TOP > ハイレゾ パッケージ

クリプトンはBD(ブルーレイディスク )オーディオを提案し、協力各社様とともに推進していきます。

レ コーディングスタジオで録音されたハイビット・ハイサンプリングのマスター音源を、BD(ブルーレイディスク )に収録。今までは簡単に手に 入れることが出来なかったレコーディングスタジオクォリティーが忠実に再現され、本物に迫る良質な音楽を楽 しむことが出来ます。
1.コンセプト
  • CD感覚の操作性とシンプルなメニュー(簡単・手軽)
  • ブルーレイ ならではの高音質サウンド(ハイビット・ハイサンプリング)
  • すべてのブルーレイプレーヤーで再生できる(幅広い再生環境)
2.特徴
  • BD-Video規格完全準拠により、すべてのブルーレイディスクプレイヤーで再生できる。
  • サン プリング周波数96kHz、量子化ビット数24bit、リニアPCM、2ch STEREOを標準収録。
    (BD規格準拠により 48kHz、192kHz、5.1ch、7.1chも 可能)
  • ブルーレイディスクの大容量により、例えばオペラなど7.1chのハイレゾ・マルチ音楽でも
    ディスク 一枚に収録可能。
  • 映像信号による音声信号への影響を極力減らし、より音質重視のデータ配分とした。
    映像は曲目メニ ュー・ジャケットイメージ などを静止画で収録。
    (BD規格準拠により、動画や圧縮音源も収録可能。)
  • ブルーレイディスクプレイヤーのHDMI端子より、高 音質192kHz/96kHz 24bitまでを出力。
  • コピープロテクト規格はAACS(Advanced Access Content System)。
  • ディスクパッケー ジは、BDトールケースのほかCDと同様のジュエルケースを用意。
  • オーサリングには、高音質ブルーレイディスク専用FORSシステムを採用。
  • ディスク製造工程は、音質重視の高音質ブルーレイディスク専用ラインを整備。
  • 音楽マスタリングスタジオ向けに、音楽専用オーサリングソフトを開発。
3.用途
  • ピュアオーディオ、カーオーディオ、DTMミュージック、3Dド ラマ、ヒーリングサウンド他

PAGE TOP

最新情報

★ブルーレイディスク™オーディオのポータルサイトがオープンしました!






★第5回 DEGジャパンアワード/ブル ーレイ大賞受賞のお知らせ
 degaw_2013

2013年2月15日に、一般ユーザーによるWeb投票と選考委員による審査の結果、 「第5回 DEGジャパンアワード/ ブル ーレイ大賞」が発表され、下記の「驚異のデュオ/ベルリン・フィルハーモニック・デュオ」がベスト高音質賞 音楽部門(クラシック)を受賞い たしました! 
マスター音源そのままの高音質を配信からだけでなくディスクとして手軽に、また一般的なブルーレイレコーダ ー/プレー ヤーでの再生が可能となり、「映像なし、音だけの音楽メディア」としても圧倒的な魅力があることが高い評価 を受けました。


詳細はこちら(DEGジャパン サイト)から

新譜発売情報

CMBDM80001
驚異のデュオ/ベルリン・フィルハーモニ ック・デュオ
CMBDM-80001
イェルク・バウマン(チェロ)&クラウス・シュトール(コントラバス)
[24bit/192+96kHz /Linear PCM/2ch STEREO]
「第5回 DEGジャパンアワード/ブルーレイ大賞」
ベスト高音質賞音楽部門受賞作品!!
CMBDM80002
シューベルト:交響曲 第5番/フィルハーモニック・アンサン ブル・ウィーン “モーツァルティステン”
CMBDM-80002
ハンス・ペーター・オクセンホファー(指揮)
[24bit/96kHz/ Linear PCM/2ch STEREO]
CMBDM80003
コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ/タマー シュ・ヴァルガ(チェロ)
CMBDM-80003
[24bit/96kHz/Linear PCM/2ch STEREO]

フォーマット:ブルーレイ・ディスク(オール・リージョン)
価格:各タイトル¥3,600(税込)

購入はこちら(カメラータ・トウキ ョウ)から

PAGE TOP

PAGE TOP

音質商品位置づけのイメージ

音質商品位置づけの

イメージ

PAGE TOP

ハイレゾリューションオーディオ(High Resolution Audio)とは

デジタル音声信号のクォリティーは、サンプリング周波数と量子化ビット数で構成されています。サンプリング 周波数とは、アナログ信号からデジタル信号へAD 変換を1 秒間に行う回数を示す数値で、低音域から高音域ま での帯域幅を決める要素となりま す。例えばサンプリング周波数が96kHzの場合、1 秒間に96,000 回のAD 変換を行っており、CD(コンパクトディ スク)のサンプリング周波数 44.1kHzと比較すると約2倍以上の細かさで音声情報を変換します。さらに、192kHzであれば、約4倍以上の細か さになります。サンプリング周波 数は数値が高いほど記録されるデータ量が多くなり、幅広い音域(周波数帯域)が記録されることになります。量 子化ビット数とは、アナログ信 号からデジタル信号へAD変換する際に、音の強弱を何段階の数値で表現するかを示す数値で、この値が高いほど 、大きな音の強弱(ダイナミック レンジ)が記録されることになり原信号に忠実なデータが得られます。
24bitの場合は16bitの256倍の分解能となります。1982年に登場し たCDは、量子化ビット数16bit、サンプリング周波数44.1kHzで、人間が聴こえる音の限界と言われている約 20kHz までしか収録されていません 。近年のデジタル技術の進歩により、それを超える解像度のデジタル音源を扱えるようになり、これを「ハイレ ゾリューションオーディオ」と 呼びます。ブルーレイディスクにはCDを遥かに凌ぐ情報量である24bit/48kHz〜192kHzのデジタル音源が非圧縮 のままで記録することができるの で、CDではノイズに埋もれて聴こえなかったホールトーンなどの弱音から、楽器の奥深い音色、ボーカルの息遣 いまでも余すことなく聴き分け られるほどです。
ハイレゾリューションオーディオにより、「音楽が持つ空気感、臨場感」をリアルに再現でき、まるで目の前に いるか のような、よりマスター音源のクォリティーに極めて忠実な音楽再生を楽しむことができます。

PAGE TOP

CDとBDオーディオの音質の違い

CDとBDオーデ

ィオの音質の違い

FFTアナライザーによる波形測定

FFTアナライザ

ーによる波

形測定

クリプトンのスピーカー・アクセサリーを使用した
BDオーディオ再生のためのシステム構成例

BDオーディオの素晴らしさを余すことなく感じていただける ハイエンド機器によるシステム構成例になります。

【システム構成機器】
  • ブルーレイプレー ヤー:プライマー(BD-32)
  • プリアンプ:アキュフェーズ(C-2410)
  • メインアンプ:アキュフェーズ(A-46)
  • スピーカー システム:KRIPTON(KX-1000P)
  • オーディオボード:KRIPTON(AB-HR5)
  • 電源ボックス:KRIPTON(PB-HR1000)
  • 電源ケーブ ル:KRIPTON(PC-HR1000)
システム構成例

PAGE 

TOP

HQMパッケージ

HQM Packqge

PAGE TOP