無線と実験2021年8月号

■表紙_KX-0.5Ⅱ
■P5・15~17_KX-0.5Ⅱ
■P43_KX-0.5
■P44_PB-150

【お知らせ】2月8日(月)午前1時30分~午前5時 メンテナンスのためPayPay決済が利用できません

paypay_2

◆内容
・PayPayのシステムメンテナンス

◆対象
・PayPay(オンライン決済)

◆日時
・2021年02月08日(月) 01:30 ~ 05:00(24時間表記)

◆影響
・メンテナンス時間中は、PayPay(オンライン決済)のサービスがご利用できません。

ご利用の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

クリプトンKX-0.5UR/UB、圧倒的魅力を訴求する漆仕上げの真髄

 

★StereoSound ONLINEに山本浩司先生のレビュー記事が掲載されました 。

 月刊『HiVi』の「冬のベストバイ2018」のスピーカー部門2(ペア10〜20万円未満)で3期連続第1位に輝いたのが、我が国が誇るスピーカーメーカー、クリプトンのKX-0.5だ。本機はパッシヴスピーカーとして同社最廉価モデルとなるが、今般その漆(うるし)仕上げヴァージョンKX-0.5UR/UBが同社ウェブサイト限定で販売されることになったという。その詳細を訊くため、東京・四谷のクリプトン本社に同社オーディオ事業部長でありスピーカーデザイナーの渡邉勝さんを訪ねた。(以下サイトへ)

画像1: クリプトンKX-0.5UR/UB、圧倒的魅力を訴求する漆仕上げの真髄

 

クリプトン小型ハイレゾスピーカーが進化、49,800円でBT再生「KS-11」
家電批評「オーディオがまるごとわかる本2021」

■KS-55(P26~P27)

プロ絶賛の音色を奏でる「コンパクトで性能抜群! 10万円台とは思えない高音質システム」

(P104)

amazonがはじめた”ハイレゾサブスク”の世界

(P107)

「これは、いい音」ってわかるAmazon Music HD向け 逸品オーディオ

オーディオアクセサリー No.178

■KX-0.5・0.5P・3Spirit・5PX(P156~P157)

高性能で”有機的な音”がする クリプトンのスピーカー(土方久明)

特選街「大人のオーディオ大百科」

KS-55(P74)

★注目オーディオをプロが試聴チェック 「ハイレゾ音源は透き通るようなすがすがしい音調」

 

SC-HR2000(P82 )

★麻倉怜士セレクト 「バイワイヤリングケーブルが実現する驚異の音質向上」

KX-0.5PX(P89)

■SC-HR(P94)

ホームシアターファイルPLUS  vol.5

■KS-55(P77)

■スピーカー・アクセサリー(P67~69)

■アクセサリー(P53)

Stereo 2020年7月号

■SC-HR2000(P120~123)

レコード芸術4月号

■SC-HR2000(P204)

 

HiVi 2020年4月号

■KS-55、KS-9Multi+(P76~81)

 

 

Stereo 2020年4月号

■AP-R50(P119)

オーディオアクセサリー No.176

■KX-1000P KX-5PX KX-0.5P(P122~123)

■SC-HR1300(P170)

■PB333(P176)

■SC-HR1300・1500・2000(P316~317)

 

オーディオユニオン様のHPにKX-5PXレビュー記事が掲載されました。

■国産スピーカーの新境地、KRIPTON KX-5PX!

オーディオアクセサリー No.175

■KX-5PX(P37、P55、P88~89)

オーデイオ銘機賞 「銅賞」受賞

BEST HiFiComponents
「クリプトンが2ウエイを極めた会心作。内部配線も進化!

■KX-0.5(P61)

■SC-HR2000(P184~185)

■IS-111・333・AB-555(P190~191)

■SC-HR1300・1500・2000(P218~219)

クリプトンよりバイワイヤ対応の秀逸なスピーカーケーブル登場
炭山アキラ氏
「SC-HR2000、驚くべくコストパフォーマンスである」
「1300,1500単品もそれぞれの良さがある」

アクセサリー銘機賞グランプリ受賞

■IS-HR1・SC-HR1300・1500(P301_)

炭山アキラ氏
「味わいをより濃厚にしたいなら1500、トータルバランスを重視するなら1300という感じ」

ステレオ12月号

■KS-9Multi(P25・45)

MQA再生のいろいろ
「オールインワン型世界初。
その音はさすがクリプトン。
コンパクトながら迫力は十分。
手軽さから想像できないような本格派だ。

■KX-5PX(P90~91)

[注目製品ファイル] 小林貢氏
「アナログ・マスターならではと思えるアコースティック楽器の自然な美しさそして適度な響きや温もりが魅力だ」

■SC-HR1300・1500(P120~121)

HiVi 12月号

■SC-HR2000(P8、P166~167、P102~103)

■KX-0.5(P52~53)

■KX-3Spirit(P54~55)

■KX-5PX(P56~57、P166~167)

・HiFiベストバイ2019WINTER
スピーカー部門4で22点高得点で第1位!!

・秋の新製品レビュー スピーカーシステム
山本浩司氏
「現代スピーカーの資質を訴求する傑作KX-5の新世代モデル」
「静か」でワイドレンジ。パワーリニアリティにも優れる

■KX-1000P(P58~59)

■KS-55(P100~101)

■SC-HR2000・PB-HR2000他(P102~103)

 

無線と実験12月号

■KX-5PX(P5、P20~22、P165)

Zoomup
「10年の歴史の集大成」
「生き生きとしたエナジーに溢れた表現」岩井喬氏
「スピーカーの存在を感じさせない」半澤公一氏

■IS-111・PB-333(P34~35)

■AB-555(P133)

■SC-HR2000(P167)

 

 

NetAudio Vol.36

■KS-9Multi+,KS-55(P68~69)

NetAudio_Vol36

 

 

■AB-HR3(P56~57)

HiVi 2019年11月号

■KX-5PX、SC-HR(P89)

 

SPEAKERBOOK 2019

■KX-3Spirit(P20~23、P42~43)

■KX-0.5シリーズ(P67)

■KS-55R(P169)

■PB-333(P185)

■IS-111(P190、P198)

■KX-1(P205)

■KX-5P(P207)

■KX-1000P(P2014)

オーディオアクセサリー No.174

■KX-0.5P(P64~65)

■KS-9Multi+(P116~117)

■IS-111・AB-555(P271)

■PB-333(P274)

Stereo 2019年9月号

■PB-333(P-103)

ケーブル大全2019

■アクセサリー全般(P36)

■PC-HR1000M-Triple C(P68)

■PC-HR500M-Triple C(P67)

■PB-HR1000(P62~P63)

■PB-333(P76、P222)

■CP-HR10(P108 ,P152)

■PC-HR500M・1000M TripleC(P94~95)

■CP-HR10・AB-555(P164)

■アクセサリー全般(P158~161)

■IS-HR50(P169)

■IS-100(P173)

 

NetAudio Vol.35

■KS-9Multi+(P92~93)

「MQA-CDダイレクト再生にも対応!最新鋭デジタル入力搭載インテグレーテッドスピーカーがアップグレード」山本敦氏
〇光デジタル/HDMI接続でMQA-CDをフルデコード
〇MQA-CDからHDMI伝送、より力強い音になる

HiVi 2019年7月号

■KX-0.5(P52~53)

■KX-3Spirit(P55)

■KX-5P(P56~57)

■KX-1000P(P58~59)

■KS-55、KS-9Multi+(P100)

■アクセサリ(P102)

■KX-0.5P(P146)

第6回「KRIPTON MEETING 2019」KS-9Multi+試聴会開催‼

k meeting_top_0525_2

 

クリプトンは、2019年5月25日(土曜日)に東京都千代田区 東京国際フォーラム4F G405会議室において、第6回KRIPTON MEETING試聴体験会を実施いたします。 今回はいよいよ発売される「KS-9Multi+」を中心にKS-55のデモも含めて行います。「KS-9Multi+」による、今話題のMQA-CDを試聴いたします。
またKS-55も展示致しますので、お客様ご持参のスマホなどに格納された楽曲も再生して頂けます。
なお当日ご参加いただき、KS-9Multi+をご注文をいただいたお客様にはもれなくユニバーサルミュージック発売のMQA-CD「これがハイレゾCDだ! ジャズで聴き比べる体験サンプラー」をプレゼントいたします。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

試聴会は今後も開催する予定です。ぜひ、お楽しみに!

【開催日時】 5月 25日(土) 開始・PM2:00~4:00
【開催場所】 東京国際フォーラム4F G405会議室 →地図はコチラ
【試聴機材】・スピーカー:KS-9Multi+ KS-55R/S )
・他ソース機器:パイオニアBDP-LX55 A&K AK70 MKⅡ/ お客様ご持参のスマホ・DAP /
【Facebookページ】イベントの情報を発信するフェイスブックページを開設しました。
→Kripton Presents Smart Music Fair
【応  募】 自由参加
【参 加 費】無料(交通費はお客様負担となります)

第5回「KRIPTON MEETING ~Smart Music Fair~」試聴体験会を開催

sms_mainvis_4

クリプトンは、2019年4月27日(土曜日)に東京国際フォーラム6F G605会議室 (東京都千代田区)において、ネットワーク対応およびハイレゾの高音質再生によって、新しい音楽の楽しみ方を提案する

第5回「KRIPTON MEETING ~Smart Music Fair~」試聴体験会を開催いたします。

今回は4/19に発表したDELA N100 コラボセット=KS-55SMS (Smart Music Set)をじっくりお聴きいただき、コンパクトと高音質を両立させたこの組み合わせを存分に体験していただける内容となっています。

尚、このセットは予約受付中で、試聴参加者様のご購入特典として、イベント参加後KS-55SMSをご予約の場合は、高音質USBケーブル「UC-HRP1.0」をプレゼントいたします。

 

<詳細>

【開催日時】 4月 27日(土) PM2:00~PM4:00

【開催場所】 東京国際フォーラム ガラス棟6F G605会議室

【試聴機材】 ・Smart Music Set(スピーカー:KS-55R/S  DELA N100・D100 )

・他ソース機器:A&K AK70 MKⅡ/ お客様ご持参のスマホ・DAP /

【参加特典】 ・当試聴会にてアンケートにお答え頂の上、4月中KS-55をご購入の方に、

高音質USBケーブル「UC-HRP1.0」をプレゼントします。

【参 加 費】 無料(交通費はお客様負担となります)

【参加応募】 自由参加となります

第5回「KRIPTON MEETING 〜漆の奏で〜」拡大試聴会開催‼

urusi_mainvis_3

クリプトンは、2019年3月30日(土曜日)に東京都千代田区 東京国際フォーラム6F G605会議室において、高音質漆コーティングスピーカー「KX-0.5UR/UB」の試聴体験会「漆の奏で」を実施いたします。 今回は高音質で評判の “漆“ コーティングスピーカーKX-0.5Uが価格改定をおこない、よりお求めやすい価格で再登場した記念として開催いたします。KSシリーズのベストセラーモデルであるKS-55もあわせて展示し、ご試聴頂けます。
特別講師として、山本浩司先生をお招きし、当社サウンドプロデューサーの渡邉と共に、このスピーカーの特徴、聴きどころをお伝えする予定です。

 

【開催日時】 3月 30日(土) 開始・PM2:00~4:00
【開催場所】 東京国際フォーラム6F G605会議室 →地図はコチラ
【試聴機材】・スピーカー:KX-0.5UR/UB、KS-55R/S
・ソース機器:SACDプレーヤー / DELA N100・D100 / A&K AK70 MKⅡ/ お客様ご持参のスマホ・DAP
・アンプ:SOULNOTE A-2
・DAC:SOULNOTE D-2
【講  師】 山本浩司先生、クリプトン 渡邉
【Facebookページ】イベントの情報を発信するフェイスブックページを開設しました。
→Kripton Presents Smart Music Fair
【応  募】 自由参加
【参 加 費】無料(交通費はお客様負担となります)

 

HiVi GrandPlix2019

★部門賞 ペリフェラル部門賞:KS-55受賞!

“スマホがつなぐ、ネット&ローカル。KS-55でこう楽しむ“ クリプトンが、「KRIPTON MEETING 〜Smart Music Fair〜」 第2回試聴体験会を開催

クリプトンは、2019年2月21日(木)に東京・日比谷図書文化館4F「スタジオプラス」において、ハイレゾの高音質再生およびネットワーク対応によって、新しい音楽の楽しみ方を提案する「KRIPTON MEETING〜Smart Music Fair〜」の第2回試聴体験会を開催する。

当日は“スマホがつなぐ、ネット&ローカル。KS-55でこう楽しむ“ をテーマに、スマホアプリによるネットコンテンツの操作・再生から、NASなどに保存した音源がKS-55でどれくらい高音質に楽しめるかまで体験できる。

今回は、radius株式会社、メルコシンクレッツ株式会社、株式会社カメラータ・トウキョウと共同での開催で、それぞれの製品を使った試聴を行なう予定という。

「KRIPTON MEETING〜Smart Music Fair〜」第2回試聴体験会
●日時:2月21日(木)18:30〜20:30
●会場:日比谷公園内 日比谷図書文化館4F「スタジオプラス」
東京都千代田区日比谷公園1-4
●試聴機器:
スピーカー:クリプトンKS-55R、KS-55S
ソース機器:デラN100、A&K AK70 MKⅡ、持参したDAP
スマホアプリ:radius NePLAYER
音源:カメラータ・トウキョウ「第25回日本プロ音楽録音賞」受賞作品、他
その他:radius製イヤホン新製品
●デモの概要:
NePLAYERによるデラN100の操作とKS-55を通したハイレゾ再生
スマホに格納されたハイレゾファイルの再生
●参加費:無料(交通費は来場者負担)
●参加特典:当日参加の上、3月6日までにKS-55を購入した方には、もれなくUSBケーブルUC-HRP1.5をプレゼント。

HiVi 2019年2月号

■KS-55 HiViグランプリ獲得 ペリフェラル部門(P45)

NetAudio Vol.33

■KX-0.5(P87)

■KS-55(P108~P109)

KS-55「オーディオアクセサリーフェスティバル」出展のご案内

kv5

 

クリプトンは2019年1月19日(土)と20日(日)の2日間、音元出版の刊行の『季刊・オーディオアクセサリー』誌が主催する、オーディオアクセサリーの試聴イベント「オーディオアクセサリーフェスティバル2019」におきまして、各オーディオ誌でビッグプライズの受賞を重ねる高音質スピーカー「KS-55」を出品いたします。
当製品はクリプトンオンラインストア専用商品のため試聴の機会が限られているため、当製品にご関心をお寄せいただいている皆様のお越しをお待ちしております。

【「オーディオアクセサリーフェスティバル2019」詳細】
■場所:
デジタルハリウッド大学、駿河台ホール(広さ:300平米)

■開催日:
2019年1月19日(土)、20日(日)

■開催時間:
・19日(土)12時~18時
・20日(日)10時~16時

■イベント内容:
・オーディオアクセサリー連続試聴イベント
・出展メーカーの製品展示コーナー(一部の製品はご購入も可能)
・ミニ試聴コーナー(アクセサリー等を自由に試せるフリースペースをご用意)
・藤田恵美さんトークイベント(20日の14時より)

(以上Philewebより内容抜粋)

Stereo 2019年1月号

■KX-3Spirit(P112~113)

Stereo試聴室  新製品テスト 全員8点の高得点!!
福田雅光氏  8点  「透明度は高く、コントラスト良好」
石田善之氏 8点  「解像力と透明度高い低域、ストレートな解像感」
藤岡誠氏  8点  「音場間の繋がり良好、低域はセッティングで」
山之内正氏 8点  「密閉型ならではの低域、量感を引き出す工夫」

HiVi 2019年1月号

■KX-3Sprit(P112~P113)

山本浩司氏
「音色は明るく、クリアー、ボーカルは艶やかに感じられる」
「ダイナミックな音で映画再生でもおおいに活躍する」

最小スペースで最高水準のサウンド。クリプトンのアクティブスピーカー「KS-55」でニアフィールド再生を堪能

aptX HD対応のBluetoothも内臓した最新モデル「KS-55」(クリプトン公式ページ)の連続レポート第2回目をお届け。今回はオーディオ評論家の岩井喬氏が、KS-55のニアフィールドでの再生能力に着目しながら、その実力を検証した。

KS-55R標準 KS-55S標準

AVレビュー Vol.271

※VGP2019特集号

■KS-55 ☆ディスクトップオーディオ大賞

☆金賞

■KX-3Spirit ☆金賞

☆企画賞

■KS-9Multi+ ☆特別大賞

☆金賞

■PB-HR2000 ☆金賞

■KX-0.5 ☆金賞

■KX-5P ☆金賞

 

HiVi 2018年12月号
■KX-0.5(P67)
■KX-3Spirit(P69)
■KX-5P(P70~71)
■KX-1000P(P72~73)
■KS-9Multi+(P114)
■KS-55(P114)(P202~203)
■PB-HR2000・500・AP-R1000(P116~117)
無線と実験 2018年12月号

■KX-3Spirit(表紙、P5、P16~18、P123)

■PB-HR2000(P124)

クリプトン、USB/Bluetooth内蔵の小型アクティブスピーカー「KS-55」。aptX HDに対応

(株)クリプトンは、USB入力搭載アクティブスピーカーの新製品として、aptX HD対応のBluetoothレシーバーを内蔵した「KS-55(ダブル・ファイブ)」を10月上旬より直販サイト限定で発売する。価格は92,500円(税抜)。

https://www.phileweb.com/news/audio/201809/14/20157.html

aptX HDに対応した世界初のワイヤレス一体型スピーカー「KS-55」を10月上旬に発売

クリプトンから、ワイヤレス対応一体型コンパクトスピーカー「KS-55(ダブル・ファイブ)」が10月上旬に発売される。KRIPTON Online Store専用商品で、価格は¥92,500(税別)となる。カラリングは、R(クリプトン・レッド・メタリック)とS(クリプトン・シルバー・メタリック)の2種類が用意される。

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17205683

特選街12月号

■KX-3Spirit(P107)

StereoSound No.208

■KX-0.5(P184~P187)
「総額100万円」で組むベストサウンドシステム8選  和田博巳氏
KX-0.5を推挙
「音楽ジャンルを選ばない万能型ハイレゾシステム。サイズを超えた雄大な表現力」
スピーカーシステム KX-0.5、
スタンドSD-1、Musicserver DELA、DAC Soundnote プリメインアンプ Soundnote  合計¥867.000
「価格は安いが透明でで反応の速い音を大いに買っている」

オーディオアクセサリー No.170

■KX-0.5(P190~191)

RecomenndedProducts  石原俊氏
「KRIPTON KX-0.5だからこそできる精巧&緻密な音楽体験」
”小型サイズで堂々とした低域再生”
”優れた音場再生と正確な位相”
”オーケストラが等身大で現れる音場情報の豊富さ”

NetAudio Vol.31

■KS-9Multi(P98~99)

AVレビュー Vol.269

■アクセサリー群(P43)

■スピーカー群(P50~51)

■KX-0.5(P52)

■アクセサリー(P53)

■KS-9Multi(P79)

HiVi 2018年8月号

■KX-5P(P122~123)

ステレオ 2018年7月号

■KS-1HQM(P46)

■KS-3HQM(P47)

■KX-0.5、KX-1(P48)

■KX-5P、KX-1000P(P49)

HiVi 2018年 7月号

■KX-0.5(P55)

■KX-1(P56~P57)

■KX-5P(P59)

■KX-1000P(P60~P61)

■KS-9Multi(P104~P105)

■アクセサリー(P106~P107)

 

SPEAKERBOOK 2018

■KX-0.5(P49、P50~51)

■KX-5P(P71、P86)

■KX-1(P74、P219)

■KX-1000(P123、P135)

■KS-9Multi(P219)

■AP-R100(P193)

■KX-3PⅡ(P220)

オーディオアクセサリー No.169

■KS-9Multi(P25)

MQAを聴こう!

■PC-HR1000M-TripleC(P106~P107、P248)

■KX-0.5、KX-1(P328~P329)

AVレビュー Vol.268 (2018年7月号)

■KX-0.5(P88~89)

岩井喬の両音の方程式
スクランブルテスト
「丁寧で清々しいサウンドであり、しなやかな低域のハネ感が生み出す、
フォーカス良く澄んだ空間表現は上級機並みの世界観だ」

短編連載 クリプトンのスピーカー設計②生形三郎氏
「密閉型&アルニコアグネットのこだわり」
密閉型にしたのは圧倒的な低域の透明感
フェライトマグネットでもアルニコライクな音の味わい。
価格を抑えた2モデル。

■キャンペーン(P80)

ステレオ 2018年6月号

■キャンペーン(P174)

HiVi 2018年 6月号

■キャンペーン案内(P119)

オーディオ使いこなし&クオリティアップ大全

全ページにわたり掲載

■ KS-3HQM
デスクトップ・オーディオテクニック  生形三郎氏
「エンクロジャーの作りが非常に頑丈で、余分な響きを排したシャープなサウンドが特徴だ」

NetAudio Vol.30

■KS-9Multi(P63)

■KS-3HQM(P84~P85)

AVレビュー Vol.267 (2018年3月号)

■KX-0.5(P56~P57)

■KS-9Multi(P64~P65)

■IS-HR1(P98)

ステレオ 2018年4月号

■KX-0.5(P8~P9)

DigiFi No.29

■KX-0.5(P96~97)

音楽の感動はメディアを超える  和田博巳氏
「ピアニシモの美しさは息をのむソウルノ-トとクリプトンとの相性は最高だ」
「最新DAC+プリメイン+小型密閉型スピーカーでECMサウンドの魅力を徹底に引き出す」

■KS-9Multi、KS-1HQM、UC-HR(P158)

オーディオアクセサリー No.168

■KX-0.5(P121,136)

魅惑のコンパクトスピーカー・スタンドスクランブルテスト
小原由夫氏、生形三郎氏
密閉型ならではのサウンドを小型機で実現
「音場の広さや細部の描写など非凡さを感じる」小原由夫氏、
「生楽器の描写は特に瑞々しく自然な音色で描かれる」生形三郎氏

■KX-1/KX-0.5(P156~157)

売れ筋比較KX-0.5とKX-1 生形三郎氏
「それぞれの音の魅力を共通した良さがある」
「ホログラフィックなKX-0.5、スケール感のKX-1」

■SD-1(P125)

魅惑のコンパクトスピーカー、スタンドスクランブルテスト
小原由夫氏、生形三郎氏
組み合わせた3種類のスピーカースタンド

■IS-100(P231)

ステレオ 2018年2月号

■KX-0.5(P82~83)

Stereo試聴室
話題の新製品を聴く
〇「音離れが良く高密度、低歪な中低域」角田郁雄氏
〇「音像の輪郭は明確で音場再現性に優れる」福田雅光氏
〇「ハイスピードで自然な中域の質感」藤岡誠氏
〇「スピード感あるが落ち着いた音調」山之内正氏

レコード芸術 2018年2月号

■KX-0.5(P202~203、208)

俺のオーディオ 鈴木裕氏
「抜群の素性の良さ「使いこなしで」魅力倍増

 

藤岡誠の逸品
「小型&廉価も質に手抜きなし「ポイントファイブ」登場

NetAudio Vol.29

■KX0.5(P110~111)

「ハイレゾの真価を発揮するスピーカーとは」土方久明氏
「楽器の分離と音階表現豊かな低域を堪能」

■KS-9Multi(P103~104)

多様化するネットオーディオシステム
「税を尽くしたプレミアムな小型アクティブスピーカー」

■UC-HR(P100)

アップグレード編
ケーブルのよる音質向上
「全体の力感が増し、なおかつ声や楽器を描き分ける力もある」

AVレビューVol.266 (2018年2月号)

■KX-0.5(P39、P80)
SpecilReview  林正儀氏
「アクセサリーを活かしてKX-0.5の真価を引き出す」
「クリアさと定位感が増し音楽的なニュアンスがリアル」

HiVi 2018年 2月号

■KX-0.5(P39)
HiVi,GPXノミネート

ステレオ 2018年1月号

■KX-0.5(P6~7)

藤岡誠のオーデイオコンポーネント
組み合わせの世界 Season2
「密閉型キャビネットならではのすっきりした低域で意外なほどの伸張」

■IS-HR1(P38~39)

私のイチ押しアクセサリー2017
須藤一郎氏「須藤一郎のイチ押し」
「中高域の雑味の除去を志向したどり着いた、ハイブリッド型インシュレータ」

■AP-R1000(P44~45)

私のイチ押しアクセサリー2017
「このチューニングパネルで気になるポイントを狙い撃ち」

HiVi 2018年 1月号

■KX-0.5(P68~P71)

注目7モdル徹底研究・検証6
亀山信夫氏
「サイズを超えた肉感的ななりで迫る生々しい音に思わず聴き惚れた」
「オプションのスピーカスタンドとインシュレータは効果的」

無線と実験 2018年1月号

■KX-0.5(P19、P37~39、P71、P74)

MJ/Zoomup

〇小林貢氏「軽快な低域、スムースな中高域」
〇井上千岳氏「物足りなさや不自然さを感じない」

DigiFi No.28

■UC-HR(P69)

■KS-9Multi(P71~P72、P177)

ハイレゾ対応推薦コンポ完全ガイド
KS-9Multi8点獲得でトップ

■KX-0.5(P30~P31)

逆木一氏試聴記
「スピーカーの左右にまで音が広がる空間表現力。再生される音楽に深く集中してしまう」

■UC-HRP(P125)

オーディオアクセサリー No.167

■KX-0.5(P45,P66,P122~P123)

オーデイオ銘機賞銅賞  藤岡誠氏
「巧みな設計で、上質な低域の伸びと制動力を備えた小さな2ウェイ密閉型」

オーデイオ銘機賞号 KX-0.5がオーデイオ銘機賞銅賞受賞!

■AP-R1000(P179,P216)

■IS-HR1(P179,P216)

ステレオ12月号

■KX-0.5(P26、P60~P63、P138~P139)

注目製品ファイル 小林貢氏
「純国産ハイCP機、愛称はミュージックモニター」
「サイズから想像する以上の低域再生限界を実現した高品位な再生音」

■KS-9Multi(P214)

HiVi 12月号

■KX-0.5(P59,P184~P187)

HiViベストバイ KX-0.5が第1位!!
山本浩司氏
クリプトンKX-0.5に至る道程

■KX-1(P60~P61)

■KX-5P(P63)

■KX-1000P(P64~P65)

■KS-9Multi(P108~P109、P205)

■UC-HRP1.0(P110~P111)

■AP-R1000(P110~P111)

AVレビューVol.265 (2017年12月号)

■KX-0.5

VGP金賞 モデル金賞Pickup  大橋伸太郎氏
「かってない小型化を実現革新的なKX-0.5」(P79)

■IS-HR1(P69)

■AP-R1000(P132)

無線と実験 12月号

■KX-0.5(P57)

■IS-HR1、AP-R1000(P59)

DOS/V POWER REPORT 2017年11月号

■KS-3HQM(P50~51)

オーディオがまるごとわかる本2018

■KX-1(P29)

電源&アクセサリー大全2018

■アクセサリー全般(P32)

■PC-HR1000M-Triple C(P55、P95)

■PB-HR700・1000(P62~P63)

■PB-HR500(P67、P151)

■CP-HR10(P79 ,P80,P86)

■PC-HR500M・1000M TripleC(P94~95)

■CP-HR10・AB-333M・B(P148、P208)

■アクセサリー全般(P158~161)

■IS-HR30(P187)

■IS-100(P192)

■SD-1(P205)

■AB-HR5(P210)

NetAudio Vol.27

■KS-9Multi U(P120~P121)

CDジャーナル8月号

■KS-9Multi U(P95)

ステレオ8月号

■KS-9Multi U(P134)

 

HiVi 8月号

■KS-9Multi U(P53)

■KX-1000P(P112~P113)

AVレビューVol.263 (2017年8月号)

■KS-9Multi(P34、P69、P91)

■アクセサリー(P50~P51、P68)

■KX-1000、KX-5P、KX-3PⅡ、KX-1(P65)

■KS-7HQM、KS-3HQM、KS-1HQM(P68~P69)

■SD-5(P112~P113)

ステレオ7月号

■HQM音楽配信(P18、P204)

■KS-1HQM、KS-3HQM(P46~P47)

■KS-9Multi、KX-5P(P48~P49)

■KX-1000P(P72~P75)

■IS-HR30、IS-HR50(P84~P86)

HiVi 6月号

■HQM音楽配信(P27)

■KX-1(P54~P55、P172~P173)

■KX-5P(P56~P57)

■KX-1000P(P58)

■KS-9Multi(P102~P103)

 

DigiFi No.26

■KS-9Multi(P100)

オーディオアクセサリー No.165

■KS-9Multi(P23)

■SC-HR1000M-50(P122)

■PC-HR1000M-TripleC(P128)

■CP-HR10(P141)

■IS-HR3、AB-3200(P142~P146)

AVレビューVol.262 (2017年7月号)

■KS-9Multi(P50)

■KX-1(P99~P101)

大人のオーディオ大百科

■KX-5P(P7)

■KS-3HQM(P24~P25)

■HQM音楽配信(P26~P27)

■KX-3(P66~P67)

■AB-HR3、IS-HR3(P88~P89)

■PB-HR500(P92)

■KX-1(P100)

NetAudio Vol.26

■HQM音楽配信(P176~P179)

■KS-9Multi(P20~P23、P124)

ステレオ5月号

■AP-R100(P25、P26、P28)

■AP-R50(P28)

■HQM音楽配信(P119)

HiVi5月号

■IS-HR30(P76~P79)

オーディオアクセサリー No.164

■KX-1(P97)、(P106~107)

■KX-5P(P129)

■アクセサリ(P218~219)

■IS-100(P284~285)

レコード芸術 3月号

■HQM音楽配信(P212)
高音質配信音源  山之内正氏

 

HiVi 2月号

■KS-9Multi(P51,53)

■HQM音楽配信(P21,28,29)

AVレビューVol.260 (2017年3月号)

■KS-9Multi(P90)

■AB-HR-5(P94)

HiVi 12月号

■2016年冬のベストバイ特集

●P66~67 KX-1

●P68~69 KX-5P

●P70   KX-1000P

●P110~111、P197 KS-9Multi、KS-7HQM

●P113   UC-HRP1.0他、アクセサリー

ステレオ 12月号

■KS-9Multi(P38,P60)

■HQM音楽配信(P188~P191)

AVレビュー 12月号

■KS-9Multi(P26~27,P58~61、P63,P74~75)

■KX-1000P、KX-5P、KX-1

無線と実験 12月号

■KS-9Multi(P5、P15~P17)

ウェブ媒体

HiVi GrandPlix2019

★部門賞 ペリフェラル部門賞:KS-55受賞!

“スマホがつなぐ、ネット&ローカル。KS-55でこう楽しむ“ クリプトンが、「KRIPTON MEETING 〜Smart Music Fair〜」 第2回試聴体験会を開催

クリプトンは、2019年2月21日(木)に東京・日比谷図書文化館4F「スタジオプラス」において、ハイレゾの高音質再生およびネットワーク対応によって、新しい音楽の楽しみ方を提案する「KRIPTON MEETING〜Smart Music Fair〜」の第2回試聴体験会を開催する。

当日は“スマホがつなぐ、ネット&ローカル。KS-55でこう楽しむ“ をテーマに、スマホアプリによるネットコンテンツの操作・再生から、NASなどに保存した音源がKS-55でどれくらい高音質に楽しめるかまで体験できる。

今回は、radius株式会社、メルコシンクレッツ株式会社、株式会社カメラータ・トウキョウと共同での開催で、それぞれの製品を使った試聴を行なう予定という。

「KRIPTON MEETING〜Smart Music Fair〜」第2回試聴体験会
●日時:2月21日(木)18:30〜20:30
●会場:日比谷公園内 日比谷図書文化館4F「スタジオプラス」
東京都千代田区日比谷公園1-4
●試聴機器:
スピーカー:クリプトンKS-55R、KS-55S
ソース機器:デラN100、A&K AK70 MKⅡ、持参したDAP
スマホアプリ:radius NePLAYER
音源:カメラータ・トウキョウ「第25回日本プロ音楽録音賞」受賞作品、他
その他:radius製イヤホン新製品
●デモの概要:
NePLAYERによるデラN100の操作とKS-55を通したハイレゾ再生
スマホに格納されたハイレゾファイルの再生
●参加費:無料(交通費は来場者負担)
●参加特典:当日参加の上、3月6日までにKS-55を購入した方には、もれなくUSBケーブルUC-HRP1.5をプレゼント。

KS-55試聴会のご案内

k meeting_top

クリプトンは、2019年2月2日(土曜日)に東京都中央区「東京国際フォーラム ガラス棟6階 G605会議室」において、主力モデル「KS-55R/S」の試聴体験会を実施いたします。 当試聴会は「Smart Music Fair」とし、KS-55によるハイレゾ高音質再生や、Bluetooth aptX HDの”Simple but Beautiful”な試聴体験を、ご自分のスマホなどを使ってご確認いただけます。
今回はメルコシンクレッツ社のご協力をいただき、同社の主力ネットワーク・トランスポート「DELA N100」他とKS-55のセットによる、まさに”Simple but Beautiful”な組み合わせでお楽しみ頂けます。

尚、この「Smatr Music Fair」試聴会は今後定例的に開催する予定です。ぜひ、お楽しみに!

【開催日時】 2月 2日(土) 開始・PM14:00~16:00
【開催場所】 東京国際フォーラム ガラス棟6階 G605会議室 →地図はコチラ
【試聴機材】・スピーカー:KS-55R/S
・ソース機器:DELA N100・D100 / A&K AK70 MKⅡ/ お客様ご持参のスマホ・DAP
【応  募】 自由参加
【参 加 費】無料(交通費はお客様負担となります)

 

KS-55「オーディオアクセサリーフェスティバル」出展のご案内

kv5

 

クリプトンは2019年1月19日(土)と20日(日)の2日間、音元出版の刊行の『季刊・オーディオアクセサリー』誌が主催する、オーディオアクセサリーの試聴イベント「オーディオアクセサリーフェスティバル2019」におきまして、各オーディオ誌でビッグプライズの受賞を重ねる高音質スピーカー「KS-55」を出品いたします。
当製品はクリプトンオンラインストア専用商品のため試聴の機会が限られているため、当製品にご関心をお寄せいただいている皆様のお越しをお待ちしております。

【「オーディオアクセサリーフェスティバル2019」詳細】
■場所:
デジタルハリウッド大学、駿河台ホール(広さ:300平米)

■開催日:
2019年1月19日(土)、20日(日)

■開催時間:
・19日(土)12時~18時
・20日(日)10時~16時

■イベント内容:
・オーディオアクセサリー連続試聴イベント
・出展メーカーの製品展示コーナー(一部の製品はご購入も可能)
・ミニ試聴コーナー(アクセサリー等を自由に試せるフリースペースをご用意)
・藤田恵美さんトークイベント(20日の14時より)

(以上Philewebより内容抜粋)

あの“本気過ぎる”PCスピーカーがBT対応で超進化、クリプトン「KS-55」

「家で気軽に、良い音を楽しみたい」でも「大きなアンプやスピーカーは高いし、置く場所も無い」という人は多い。ミニコンポもアレだし、PCスピーカーを高いヤツに買い換えたり、大きめのBluetoothスピーカーを買おうかな……なんて人もいるだろう。そんな人にピタッとハマりそうな新製品がクリプトンから登場した。「KS-55」(ケーエス ダブルファイブ)というスピーカーだ。

 

https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/1149285.html

クリプトン、Bluetooth/PC/光接続できる約9万円の高音質アクティブスピーカー「KS-55」

クリプトンは、PCとのUSB接続や、光デジタル入力などに加え、aptX HD対応のBluetooth受信機能も搭載、スマホの音楽を手軽にワイヤレス再生できる小型ステレオアクティブスピーカー「KS-55」(ケーエス ダブルファイブ)を10月上旬に発売する。価格はペアで92,500円。カラーはレッドメタリック、シルバーメタリックを用意する。クリプトンのオンラインストアのみでの販売となる。

 

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1142965.html

クリプトン、USB/Bluetooth内蔵の小型アクティブスピーカー「KS-55」。aptX HDに対応

(株)クリプトンは、USB入力搭載アクティブスピーカーの新製品として、aptX HD対応のBluetoothレシーバーを内蔵した「KS-55(ダブル・ファイブ)」を10月上旬より直販サイト限定で発売する。価格は92,500円(税抜)。

https://www.phileweb.com/news/audio/201809/14/20157.html

aptX HDに対応した世界初のワイヤレス一体型スピーカー「KS-55」を10月上旬に発売

クリプトンから、ワイヤレス対応一体型コンパクトスピーカー「KS-55(ダブル・ファイブ)」が10月上旬に発売される。KRIPTON Online Store専用商品で、価格は¥92,500(税別)となる。カラリングは、R(クリプトン・レッド・メタリック)とS(クリプトン・シルバー・メタリック)の2種類が用意される。

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17205683

ファイルウェブ(クリプトン渡邉氏がスピーカー開発キャリアを総括)

クリプトン渡邉氏がスピーカー開発キャリアを総括。「密閉型」「2ウェイ」にこだわる理由とは?
INDEX】
1: 衝撃的だった密閉型スピーカー「AR-3a」との出会い
2: なぜ渡邉氏は「密閉型は低域再生においてバスレフ型より有利」と考えるか
3: 低域制動特性の重要性。そして渡邉氏の考えるバスレフ型の課題
4: 吸音材をいかに使うか。それは密閉型における職人技の見せどころ
5: 2ウェイ・スピーカーへの信念
6: アルニコマグネットが音質において優れている理由
7: エンクロージャーは“最大の振動板”だからこそ楽器のごとくコントロールする
8: スピーカーとオーディオアクセサリーの開発を一手に行うことによるシナジー
9: クルトミューラー製コーン紙によるスピーカーユニットを使い続ける理由
10:クリプトンが考える“ハイレゾ”と“スピーカーの関係”
11:他社に先駆けハイレゾ再生を念頭に置いて開発された旗艦スピーカー「KX-1000P」
12:感性を重視して「自然であること」を追求していく

http://www.phileweb.com/interview/article/201602/03/341.html